賃貸住宅を借りるときに保証人が不要になった
2016年5月26日 admin

家賃保証会社の利用が進む

最近は、賃貸住宅を借りるときに、親族の連帯保証が必ずしも必要ではなくなってきています。従来は、必ず求められるものでした。連帯保証人が用意できない人は、希望の物件を諦めて、条件の良くない物件しか選べないなど、選択肢が限られてしまっていました。しかし現在では、親族の連帯保証人がいても、一律に家賃保証会社の利用を求められるケースも増え、連帯保証人は賃貸住宅を借りる際に必須のものではなくなってきています。

本人の審査だけでOKに

親族の連帯保証人が用意できない場合は、家賃保証会社を利用することが求められますが、家賃保証会社を利用するにも審査があります。ただ、不動産仲介会社側で大丈夫だろうと判断して話を進めようとしてるケースで、家賃保証会社の審査に通らないケースというのは稀だと言います。本人の収入や支払い能力が基準を満たせば、それでよしとするシステムに変わってきつつあるわけです。本来はこうあるべきでしたよね。リーズナブルなあり方への変化であり、歓迎すべきことでしょう。

これで住み替えも容易に

これまでは住み替えをしたくても、親族に連帯保証を求めなければならないからと、つい諦めてしまっていたケースも結構あったと思いますよ。家賃保証会社というものがほとんどありませんでしたから。システムとして確立していなかったんです。家主は連帯保証人の用意できない人をみんなはねつけても、十分やっていけてたんですよ。長く住宅難の時代が続いていましたから。でも時代は変わりました。今や人口減少で空き家問題が深刻化してきています。賃貸派が皆容易に住み替えできる時代となりました。

江別市の賃貸マンションは、賃貸なので入居手続きは一戸建てよりも簡単ですし、ローンの審査もありません。

About The Author